読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北條カズマレの庵

自分のネットでの活動の拠点です。自作の動画・自作の創作論などの解説を載せていきます。

【小説に関する言説】3.キャラ造形(四)

キャラ造形のお手本

恐らくみんなが知らないであろうとあるキャラを中心に論を張っていこう。

 

具体例

そのキャラとは『水中騎士』(木城ゆきと)に登場する女騎士、ルリハーである。

みんな大好き女騎士。まあそれはさて置き、このキャラの作られ方が実に教科書的でなおかつその造形が作中で明らかにされているのだ。

ざっとキャラの情報を伝えておく。

彼女は二人の偉大な騎士を両親に持つ、騎士の駆け出しである。

まだまだ弱輩で未熟ではあるが、本人は既に一本筋の通った人格を有している。

その彼女なのだが、何がここで取り上げる理由なのか。

具体的に語る前にキャラの内面を語る上での三つの要素について語りたい。

この三つだ。

それは何か。

自己認識とは、自分で自分をこれこれこういう人間だと信じている認識の在り方のことである。

他己認識とは、他人が自分をこれこれこういう人間だと信じている認識の在り方のことである。

超自我認識とは、自分の顕在意識が把握できない自分の本当の望みのことである。本当はどうありたいかのことである。

 ルリハーはこの三つをまるで手引書のように開陳してみせるのだ。それもたった一話の中で。

彼女は本当に厳しく育てられた。騎士として。彼女もそれに応えようとした。愛されるために。

その心を覗いていた悪魔は言う。

この娘の望みは騎士として親に認められること、恐れていることは騎士になることに失敗し、親に見捨てられることだという。

しかし聡い猫は言う。そうではないと。

彼女の本当の望みは自分が騎士になれようがなれまいが関わりなく親に愛してもらうこと、そして本当に恐れていることは、自分に無償の愛を注いでくれなかった両親を心の底では憎んでいることを認めてしまうことだと。

これなのだ。

これこそがキャラ造形のお手本だ。

彼女は自分を屈託なく夢へと邁進する人間だと思っている。

しかし他者から見れば危うい存在に見える。

そして心の奥底には埋められない隙間を抱えている。

これが生きたキャラを作るということなんだ。

この三つの側面こそがキャラに生命力を与えるんだ。

 

失敗とは何か

では失敗とは何だろう。

ここまで読んでくれたならキャラ造形の上手さとはつまり人間観がどれだけ鋭いかであることがわかるだろう。

薄っぺらな人間観ではだめだ。

「人の本当の姿を描く」。

このために、ただ単に裏の顔を描こうとだけする人間がいる。

裏。それは本当に「本当の姿」なのだろうか。

例えば、いつもひどいことばかりしている人が、心の中では自分のことをいいやつだと思い込んでいる。

この場合その心の中の姿こそが本当の姿だと言えるか?

そうではないだろう。

それを捉えそこなう歪んだ浅ましい人間観では物語を動かすキャラクターなど作れるわけがない。

創作に必要なのは人間観なのだ。

ではでは。